今日はハローウィン。 私にとっては『次の扉が開いた記念日』 !

『STUDIO Apro』のウェブサイト公開にあたり、昨日急にKAORU先生の妹でBEAUTY DIRECTORの東浦真弓(株式会社T’s Aproの社長なので、正確にはこちらも私の上司!)から、「瑞穂さんもスタッフブログ書いてね。あなたのコーナー作ったから」と言われてびっくり! 「えっ? 私がですかぁ……」と渋っていたら、たった一言「あなた書けるから」。

 

それから1時間、Mayumiさん(いつもこう呼ぶのでいつも通りの呼び方で書きます!)は、「プロフィール書くから、あなたのこと教えて」と、紙とペンを持ち、いつも通り仕事人として取材する時のように、私にインタビューをし始めた。小さい頃のこと、就職した頃の夢、結婚した経緯、そして今していること……彼女の質問に答える形で話していたら、結果、自分の過去をしっかり振り返る時間になった。考えたら、そんなこと人生初めてだったかもしれない!

午後5:00、そこは、滋賀県草津市の名もない錆びれたケーキ屋。

三角座りで画板に画用紙を貼りつけ絵を描く小学生の私。

「東京の美大に行って絵描きになりたい!」……思いはただそれだけだった。

 

時を経て、念願のデザイナーになった。カーテンのデザインを考える仕事。その後は、憧れだった化粧品会社の商品企画で何十型のBagや化粧ポーチを企画する日々が始まった。

……なのに何年か経ち、いつしかデザインしたり絵を描くことが“仕事”としか思えなくなった。そしていつの間にかに、いろいろ封印してしまったのでしょう。今日Mayumiさんと話すまで、封印していたことさえ忘れるくらい、本当にすべてを忘れていました!!

 

……そう、私はかつてクリエイティブなことが好きだったんだ……。

……もしかしたら、今も好きなのかもしれない……。

 

今日、突然目の前に“新しいDoor”が見えてきた気分。まだ色もかたちもわからないDoor。

 

1383111262439

早速今日から撮影というクリエイティブ作業に挑戦(笑)!!

楽しい!!

『STUDIO Apro』のコンセプトは、「この場にいらっしゃる時間を通して、新しい自分の魅力を見つけたり、自分のポテンシャルを再発見していただくことで、その方がご自身で“Next  Door”を開いてくださるようサポートすることなの」と、初日にKAORU先生が語ってくれたことを、まさに今日思い出し、なんだか自分が“実体験”した気分に!

 

今日はハローウィン。今年はしっかり“魔除け”をし、今日芽生えた“ポジティブな気持ち”をずっとキープできるよう、カボチャでお祝いします!

 

スタッフMizuhoのブログも、どうぞよろしくお願いします☆