ジュースクレンズ体験記Vol.5*回復食の大切さ*

クレンズ終了後は

重湯との指導でした。

しかしながら

私のクライアントたちは

アグレッシブに次の日からお酒飲む人とかいます。苦笑

なので。。。

ちょっとスキップしたらどうなるかと

またもや実験!

いえいえ、まさかお酒は飲みませんよ。。

鰹だしを取った卵おじやと薄いお味噌汁に

ウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!

出しだけなのにしょっ、しょっ、しょっぱい!!

それにちょっと胃がキュンと。。。

これは卵を入れたから???苦笑

回復食はやっぱり大切(笑)

次回は必ず重湯からスタートします!!!(笑)

 

ご参考までに。。。

回復食に適した3つの低

【3つの「低」】 その①「低脂肪」

低脂肪といえば炭水化物なら、お粥や雑炊、おうどん。たんぱく質食材なら、お豆腐、高野豆腐、豆乳、ヨーグルト。鶏のささ身、胸肉、卵。油を使うのであれば炎症を抑える働きのある不飽和脂肪酸(オメガ3系)を多く含む亜麻仁油、えごま油、しそ油がおすすめです。

【3つの「低」】 その②「低刺激」

香辛料は刺激が強いので避けましょう。コーヒー、濃い紅茶や、緑茶も刺激的です。

【3つの「低」】 その③「低残渣」

残渣(ざんさ)とは消化しにくい食物繊維のことです。玄米や五穀米も回復食の間は控えましょう。セロリやゴボウ、きのこやこんにゃくなど不溶性繊維の多い食材も要注意。

『cook pad』参照

 

to be continue…